2011年1月30日日曜日

白井晟一と親和銀行:モニュメントとしての建築、パトロンとしての銀行

※白井晟一展に関する先の2つのエントリと文体が異なっていたのでリライトしました。内容も少し増えています(20110203)。

汐留ミュージアムで開催されている「白井晟一」展について、先のエントリで親和銀行はなぜ白井に本店(佐世保)の建築を依頼しただろうか、という疑問を書きました。


なぜ白井晟一なのか。
クライアントは何を意図していたのか。
少しばかりの文献を調べた範囲では大したことは分かりませんでしたが、メモランダム。

* * *


『親和銀行三十年』親和銀行、1972年12月、100頁。

親和銀行本店新築依頼の経緯

親和銀行本店新築依頼の経緯について、白井は次のように書いています。

昭和三十六年[1961年]春、今はなくなられたこの銀行の會長からのお話で、百五十坪ばかりの空地に多少公共的意味をもったモニュメンタルなものを、ということで仕事をはじめさせてもらったのだが、おもえば八年間の勞作であった。
発想はながく私の郷愁だとされている一九五五年頃の原爆堂計畫だと指摘する人もある。…(中略)…いずれにしても、この造形は銀行自慢の様式建築だった舊本館とは全く異質なので、私には却って氣樂に造形、意圖を完うすることができると考えていた。着工は銀行の都合で五年ものびてしまったが、このあまりに長い勞作期間に、銀行業務の伸張による度々の計畫轉位、そうしてとうとうふみきられた舊本館の改築とそれに伴う最後の増築が決められたのは昭和四十三年の夏であった。
(中略)
……もし瓢簞から何かがとびだしたということであれば、それは終始かわらなかった施主の信頼と施工者の熱誠が、この菲才[ひさい]を支えてくれたからだ。

「親和銀行本店」『白井晟一全集 別巻I 白井晟一の眼I』同朋舎出版、1988年12月、334-5頁(初出:「学会賞受賞にあたって」『建築雑誌』6908)。

* * *

この本店建築について、親和銀行側の資料として外部の者が容易に見ることができるものには社史があります。

親和銀行の社史は2点。『親和銀行二十年 : その走路をかえりみる』(1959年[昭和34年]年10月)と、『親和銀行三十年』(1972年[昭和47年]12月)。

『親和銀行二十年』は昭和34年の刊行なので、まだ計画にも入っていない頃。ですので、参考になるのは昭和47年に刊行された『親和銀行三十年』です。
『親和銀行三十年』には上の「学会賞受賞にあたって」の全文が引用されています(66-7頁)。そのほか、白井による本店建築についても紙幅が割かれていますので、白井が述べているいくつかの点について、社史などから抜き書きしておきます。

北村徳太郎と白井晟一

まず、「この銀行の會長からのお話」。
会長とは北村徳太郎氏(1886-1968)のことと思われます。
北村徳太郎は、親和銀行の前身のひとつである佐世保商業銀行の頭取も務めた人物。1946年から1960年まで衆議院議員。その間に片山哲内閣の運輸大臣、芦田均内閣の大蔵大臣を務めています。クリスチャンであった北村は、東京神学大学、明治学院大学などの理事長も務めたそうです(wikipedia)。

北村がなぜ白井晟一に建築を依頼することになったのかは社史には書かれていません。中央での仕事の関係で白井を紹介されたと考えられますが、要検討です。

昭和36年に話があり、その後本店第一期建築の竣工は昭和42年(1967年)。その後コンピュータ棟として懐霄館(かいしょうかん)が1975年に竣工しています。本店の竣工までに、白井は親和銀行東京支店(1963年)、大波止支店(1963年)を完成させています。北村徳太郎は亡くなる前に白井の仕事を、すべてではありませんが見届けていることになります。

モニュメントとしての建築、パトロンとしての北村徳太郎

建築の意図としての「多少公共的意味をもったモニュメンタルなもの」。
地方都市(佐世保市)の一商業銀行である親和銀行が公共的意味をもつ建築を意図していたということは驚きです。そしてそのような貢献もまた、会長であった北村徳太郎が大いに関心を抱いていた分野だったようです。『二十年』には、北村がさまざまな文化活動、そしてデザインにも非常に気を配っていた様子が記されています。

当行には早くから色々な文化活動があつたが、これをおのずからのうちに方向づけ指導しているものは北村徳太郎に他ならぬ。
すべて行員のものする文章、絵画、写真その他、実務に関するものと芸術に関するものとを問わず、ポスターの意匠色感創意の多少、或いは書体のことに至るまで、極めて精細に観察し、批判してあますところのないのが彼の日常であった。
……(中略)……
同業がものする色々な文書、PR用の文章絵画ビラなどは彼が最も注意ふかく観るところである。若しそこに新鮮味や創意のひらめきが看取さるれば、彼は必ずそれを指し示して、これを見よというのである。この点、職務に熱心な教師と何ら変りがないのである。店舗の壁とカウンターの色の調和から、手洗場のタイルの色と質に至るまでなほざりにすることは許されなかった。だから之等に携わる行員はすべて、彼のこの教育を受けたものといつて過言ではない。若し親和銀行がつくるカレンダーなどに新鮮な感覚があるとすれば、それはこうした北村の教育があずかつていると見て差支えない。

『親和銀行二十年 : その走路をかえりみる』親和銀行、1959年[昭和34年]年10月、76-77頁。

北村徳太郎は文学にも造詣が深かったとのこと。
以下は、『西日本文化』という雑誌(福岡、第73号、昭和46年7月)に掲載された座談会から引用された一部です。

R—私が非常に感心しているのは、親和銀行の出版活動ですね。……
R—……このH銀行と親和銀行には、ほとほと感心しますね。やっぱりこれは北村徳太郎さんの影響だろうね。
K—そうです。親和の北村さんがトルストイアンなんです。非常にトルストイの文学と人間性に傾倒して、ロシアに行っていろいろトルストイのことを調べたくらいです。彼自身もクリスチャンですね。北村さんの蔵書はすばらしいんですってね。そういう銀行マン以外の個人としての強烈な個性が佐世保文化に影響を与えている。
N—その北村さんの精神をですね、あとの坂田重保さん[1898-1984。当時親和銀行頭取]が受けついでいる。北村さんの亡きあとを。……北村さんだけに終わらないですね。

『親和銀行三十年』親和銀行、1972年12月、22頁。

トップのこのような文化活動への理解は、白井が言うところの「終始かわらなかった施主の信頼」であり、そのことが「毎日新聞芸術賞(1969年度)」「日本建築学会賞(1968年度)」「建築年鑑賞(1969年度)」という白井の業績に資したことは間違いないでしょう。

写真集『懐霄舘』のあとがきに、白井は次のように記しています。

この建物が出來てもう五年になる。北村徳太郎氏の遺志に端緒を持つこの仕事だが、坂田重保頭取の二十年來の知遇とその變わらぬ寛容な支持がなければ、懐霄舘は地上に現れることがなかったであろう。

「懐霄舘あとがき」『白井晟一全集 別巻I 白井晟一の眼I』同朋舎出版、1988年12月、340頁(初出:「あとがき」寫真集『懐霄舘』中央公論社、1980年)。

門奈博之による親和銀行旧本館

「銀行自慢の様式建築だった舊本館」とはどのようなものだったのでしょうか。

解体された旧本館は、親和の前身佐世保商業銀行が大正一五年にその本店として建築したもので、設計者は当時早稲田大学工科を出た青年門奈博之であった。当時の小さい銀行としては、立派すぎるという世評を受けた建物で、解体されるまでの四〇年余間威容を保ちつづけ、最後までその解体を惜しむ声が寄せられたものである。

『親和銀行三十年』親和銀行、1972年12月、60頁。

その建築については、『二十年』にもう少し詳しく描かれています。




大正14年、佐世保商銀は本店をはるか南に寄った島瀬町に新築することになった……。当時の島瀬町は……市の中心からは南に寄りすぎているという非難があつたのである。しかしこの新築に任じられた当時の常務北村はこれらの非難を排して、思い切りよく新築工事に踏みきつた。
ところで、その建築には20万円の資金が要る予定であつた。勿論当時20万円という巨額な建築は不相応にすぎるという非難があつた。北村はこの非難も押し切つた。
当時佐世保商銀の払込資本金は124万円……預金は200万円であつたからその凡そ10%に相当するわけである。そんなわけで大きすぎるという批評はあたつていたと言えるかも知れぬ。
さて新築する建物の様式と意匠についても色んな提案や批評があつたわけであるが、この点については早稲田の工科を出た青年建築家門奈博之を監督にして最新の意匠を盛ることにし、旧弊な考え方の介入することを防いだものである。

『親和銀行二十年 : その走路をかえりみる』親和銀行、1959年年10月、72-74頁。

旧本店建築の時点ですでに、北村徳太郎は建築の持つモニュメントとしての側面を自行のアイデンティティとして活用していたと考えられましょう。

贅を尽くした調度類

残念ながら、社史は本店支店の建築にいたる白井晟一とのやりとりについては何も記録していません。
記されているのは当時の本店、本店別館が狭隘なる様と、建設中の状況、本店建築がその後に受けたさまざまな栄誉です。

それに比べて調度類については比較的詳細に記録されてます。これは『三十年』制作以前に行内誌に執筆された記事があるためのようです。いくつかの箇所を抜粋します。

設計者白石は本店新築に用いる石材の産地を数次に亘って歴訪されたが、調度類の選択についても最も意を用いられた。……
カウンターはアメリカのノル社製で「行員とお客の間のへだたりをなくし、両者の隔絶感を無くすために意を用いた」と称するものである。……
床には絨毯を敷いたが、設計者は「この柔らかい絨毯の感触はお客に対するサービスであり、これがすり切れる程お客が来ればそれは満足すべきではないか」という所である。

『親和銀行三十年』親和銀行、1972年12月、67-69頁。

これらの記述の後、家具調度類の種類、メーカーなどの記録が続いていますが、これはおそらく建築誌などにおける記述を参考にしたほうが、より詳細で正確でしょう。著名な現代家具メーカーの製品が用いられる一方で、骨董家具も多く用いられていることが『親和銀行三十年』に記されています。

0 件のコメント:

コメントを投稿